ad

今週のお知らせ

めまい、吐き気・・・

40代男性 会社員

出張スタイルでやっていた頃の不調者の方
久しぶりにこられると
3日前より、ひどいめまい、吐き気がするとのこと病院へは行かれたようですが
よくわからないとの事、精密検査を受ける前に来院

問診時いろいろと確認していくと、ひどい・・
頭のポジションを横に倒してもめまい・・
前に倒してもめまい・・・
寝る姿勢に入るときと寝た状態から起き上がるときが最もきついとの事

過去にこのような状況は無かったとのこと

回復作業
・座位でできることを行い
・ゆっくりと寝てもらう
・1の型を行う
だいぶ首周りが楽とのこと「首が軽すぎて違和感・・」
ゆっくり起き上がるようお話すると めまい
「ぐるぐるまわるー」
寝た状態で首を横に回してもめまいがする

首周りの緊張はだいぶ取れていたのですが、めまいが軽減しないのは
他の理由と思い、横になった状態でしばらく雑談&観察&思考中(トントントントン:一休さんのように)

あることに気付きました、当たり前ですが動く際に必ず、目を開けている
めまいが怖いので目を開けて周りを凝視している

目を閉じて頭部を動かしてもらうよう指示したところ、「気持ち悪くない・・」
聞くと視力の左右差がすごいとのこと

仰向けの状態で、目周辺、側頭周辺に手法を行う

目を開けてもらうと、患者さんが驚く・・「明るすぎる、しかもひどかった飛蚊症がかなり収まっている!!」

ゆっくり起きてもらうと、多少血の気が引くような感じがあるが、めまいは無いとの事
(頚部の緊張が急に取れたせいかもしれません)

立位で首を動かしても問題ないとのこと。
そこで終了、アドバイスを伝える(睡眠時間、睡眠環境など)

患者さんは非常に驚き、なんで目がよくなるのか興味津々でした。
「すごい!ゴットハンドだね〜」と褒められるしまつで少々気恥ずかしかったですが
「マジックハンドだね〜」と間違えるオチもありました。(それはオモチャ)

経験もあるでしょうが理論的なものがわかると、最初に目に注目していたのかもしれませんね。いい経験でした(ツイテル!)
PS・・めまい、貧血などの症状をお持ちの方は頚部の手法のあと少々時間を置いた(寝てもらう)方がいいようです。あとは例の起き上がり方をゆっくりでした。





この記事へのコメント
一休さんのように・・・。
いいですね。
めまいや視界が変わるというのは患者さん自身が変化に気づいていただけるので、いいですね。

理論を元に快復法をしていきたいですね。
そうすれば、もっといい結果が出るでしょうね。
Posted by まき at 2005年11月14日 11:33
トントントン 一休さんですか。
そんな気持で常に不調者の方と接する余裕を私も見習いたいと思います。
今回の例は、とてもいい勉強になりました。
ありがとう御座います。
Posted by すこやか やまだ at 2005年11月14日 16:31
めまいの症状で目に注目したというのがとても参考になりました。(めまいというと耳、頚椎にしか目がいきません)飛蚊症が軽減したというのも凄いです。ありがとうございました。
Posted by 林一郎 at 2005年11月14日 17:58
織田先生、今晩は!
この記事を読んで目から鱗でした。
今、丁度なかなか改善しない不調者さんの感じと似ていたので今度、同じように目にも注目してみます。ありがとうございました。
Posted by 西村斉仁 at 2005年11月14日 18:10
目と側頭周辺に回復法を行ったのですね!まだ飛蚊症やめまいの症例が無いので、参考になります!
一休さんの格好をした先生の姿を思いながら笑ってしまいました(笑)
Posted by タツミ at 2005年11月14日 18:56
マキ先生 コメントありがとうございます
確かにこのケースは不調者の方が変化を感じてそれを表現してくれる方だったのでラッキーでした。もっと不調者の方へ変化を伝え、またこちらへ変化を伝えてもらえるような話し方ができるといいですね。

やまだ先生 コメントありがとうございます。
ベットが広いので正座かあぐらで施術することもあるのでどうしても一休スタイルになってしまうだけです。余裕なくじつはパツンパツンです

林先生
西村先生
タツミ先生
コメントありがとうございます。
あくまでも結果論で書いています。(理論を学ばれた際には確認してくださいね)2回目も同様の効果がありましたが、参考になれば幸いです

タツミ先生 私が一休さんの格好してたらきっと怪しいうわさが地域に広まるでしょう!!でも面白そうですね。でも坊主頭は似合いそうで嫌です。(本当に修行僧みたいになりそう・・)



Posted by おだ at 2005年11月14日 20:23
織田先生、こんにちは!!
僕の周りは「スポーツ関係」の不調者さんが多いので、「めまい」などは皆無ですので参考にさせていただきます!!
前回、試合で痛めた右肘をまたやってしまいました!!次回、お会いしたときに丸坊主の織田先生に快復していただきたいです???
Posted by 千武会・窪井正彦 at 2005年11月15日 12:48
ちょっとした動作にも回復へのヒントがある。
そんな一例ですね、観察は大事だな〜。
そこに注目するなんて織田先生は流石に抜け目なしですね。
Posted by なかの at 2005年11月15日 14:34
窪井先生 コメントありがとうございます
なかなか微妙な症例でした。後日談ありますので今度お話します

中野先生 コメントありがとうございます。
他に思いつくところがなかったのと、目への触圧法は1Day時に講師の先生がやられていたのを思い出しただけですよ。でもこれら手法は問題の場所に対して素直に行うだけでよいので非常に便利ですよね

Posted by おだ at 2005年11月16日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
特集記事
からだ回復オフィス
youtuu.jpg

ヘルニアで足にシビレが!

腰が慢性的に痛い

膝が痛くて階段がきつい

旅行に行きたくてもいけない

ヒザ、肘が痛くてスポーツができない

そんな症状をなくして、自分のやりたいことをして欲しい。 我々は全力で痛みをなくすサポートをさせていただきます。 赤ちゃんから高齢者の方、プロスポーツ選手までの不調者さん達に安心と喜びを感じていただいております。

茶屋ヶ坂からだ回復オフィス

膝回復オフィス

名古屋市千種区茶屋坂2-67-3
お問合せ・予約
電話 052-722-4271

お気軽にどうぞ!

*当院へは名古屋市名東区、北区、東区、天白区、守山区、長久手町、尾張旭市からの不調者さんが多く来院されています。 *県外からお越しの方へ 県外からお越しの場合、ご予約される際にその旨をお伝えください。症状によりお近くの施術院をご紹介させていただいた方が、おからだへの負担が少なくなります。
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。